きょうもあるく

歩きながら感じたことを書きとめておきます

道具の栄枯盛衰を感じる時

いよいよ春

出張から帰ってきたらフィールドに出ます

そのためにトレッキングシューズを買いに出かけたら

愛用しているメーカーはなんと生産中止!!

 

びっくりしました

 

空前の山ブームでは??

 

D.J.HIROの場合、足を痛めやすいので合わない靴はとにかくダメ

しかも出かける先が自分で歩く山だとするとますますヘルプを求められない

 

 

いつも相談に乗ってくださる方が

良い代替品を提案していただいてこれを試してみようという気持ちになりました

 

 

文具にしろ、運動具にしろ、

一見便利そうな新製品がたくさん並んでいるんですが、

 

D.J.HIROの場合

どこでもコンスタントに手に入ることを優先するようになりました

なので定番の中から自分に合ったものを長く使うスタイル

 

しかし、そのジャンルごとなくなるとは

 

提案していただいたものを感じながら

(素材の開発でこの商品の機能が優れているから定番品が生産中止になったこともあるかもですし)

モノとの付き合い方考えていこうと思います

 

 

先日登って、標高の高いところの雪が溶けていなくて

トレッキングシューズみたいのが欲しいなと思ったからの購入

どんな結果になるか楽しみです