きょうもあるく

歩きながら感じたことを書きとめておきます

コミュニティカフェと空き家でのカフェ

空き家の物件をカフェにして

居場所にする取り組み、調べれば全国にあり

またそれをコミュニティカフェと呼ぶカテゴリーがあります

 

D.J.HIROも10年くらい前から関わっているのですが

それを一覧にする団体やそれを対象とする研究者・学生もいて

D.J.HIROのアクティビティもそこに取り上げてもらえたらいいなと

思って積極的に取材にも協力しました

 

 

ただ、それから10年たってもバイブルみたいのは生まれて来ないですし

仮にD.J.HIROが取り上げられていたとしても、

そのサーキュレーションの範囲は狭いようにも思えます

 

 

もともとD.J.HIROは科学技術の研究員だったのですが

その頃の研究開発競争の歩みを振り返ってみると

実は自分のいた世界も似たような

 

後日詳しく書きますが

近視眼的な開発競争で勝った負けたとかやっていても

のちのち考えるとそれほど意味ないなと感じた次第です

 

 

全国初、他所との差別化、パクリと言った進め方は考え直さないと

いけないのかも