きょうもあるく

歩きながら感じたことを書きとめておきます

きたかみ景観資産という制度

こちらは北上駅の駅前にあった天満宮の桜

f:id:route66-jp:20180423163126p:plain

 

 

 

f:id:route66-jp:20180423163229p:plain

 

北上景観資産マップ

 

だそうです

 

北上景観資産マップ

 

俳人が俳句の上達を願って、俳句額を奉納したとされている。現在は、北上駅東口のすぐ北側にあることから、境内の桜は、市民だけでなく、北上市を訪れた観光客の目も楽しませている。


黒沢尻19区自治会(御社の管理、樹木の手入れ、境内のゴミ拾いや草取り、清掃、年頭の賀詞交歓や宵宮などのイベント開催) 

川岸一丁目5番 
○最寄駅 北上駅東口より徒歩1分

 

自治会が神社を運営しているなんてびっくり

 

他のもの見てみると

寺社のカテゴリーだけれど

お寺はないようで神社が多い

 

 

景観資源とは…建築物、工作物、樹木、川などの地域の景観を特徴づけているもの

活動とは…3人以上で構成される団体が行う、上記の景観資源を維持・改善・継承するための活動

 

この制度にエントリーしてのメリットとかを考えるとたくさんの興味がわきます

 

というか、こうしてデータや情報が整理されるのはよいことでしょう

 

 

考えてみれば、D.J.HIROの近くでも情報がない景観とかたくさんあるので

こうした事例は勉強になります