きょうもあるく

歩きながら感じたことを書きとめておきます

芭蕉を読む4

松尾芭蕉と言えば「奥の細道

これは学校で取り上げられていましたので東北の話とわかります

 

 

昨年の古典の勉強で芭蕉が取り上げられた時、そこは京都でした

kanko.city.kyoto.lg.jp

 

 

実際にこのお寺にも行ってまいりました

 

先日の東北では松尾芭蕉の句碑がたくさんあったと

書きましたが

D.J.HIROの中では、京都でのイメージが東北にも広がっていて

江戸時代なのにすごいなと思いました

 

自分ですら

京都だ、東北だと古刹をたずねる旅を始めたのは50近くになってからですから

旅の環境が大変だった江戸時代に取り組まれたのはすごいと思います